記事一覧

写真展

ファイル 24-1.png
写真展の流れ

年間で実施する写真展は6月後半に大学内で行われる「紫陽花展」、11月初旬の「オータムフェスティバル」、春休み中に大学外で会場を借りて行う「学外展」があります。 
写真展を行う際には、大きく「準備段階」「準備(前日)」「当日の運用」「当日の片づけ」「後処理など」の5つの段階があります。以下項目別に説明します。

準備段階①

写真展を行う上ではまず会場の確保が必要です。会場の確保については写真展係の担当となっています。
次に写真のテーマを設定します。テーマの設定については通常月例会で行われます。展示する写真がテーマに沿ったものになっているかは各自の判断となっています。また、写真展の規模にもよりますがテーマとは別に自由展示が行われます。こちらはテーマの縛りはありませんので、各自で作品を選んで展示してください。なお、写真撮影や印刷のコツについては「活動のための基礎知識」内の記事を参照してください。

準備段階②

テーマが決まると次はキャプションの応募です。キャプションとは作品のタイトルを印刷したプレートのことです。キャプション製作担当者が部員それぞれの作品のタイトルを募集しますので、指定されたアドレスにタイトルを明記して返信してください。
そしてキャプションの応募とは別にシフト応募もあります。写真展当日の会場には、担当者数名が常駐する必要があります。しかし一人が長時間に渡り担当するのは大変なので、シフト制にして1~2時間単位で交代するようにしています。シフトについても担当者から募集があります。募集連絡があったらシフトに入れる日時を明記し、指定されたアドレスに返信してください。
最後にアンケートの作成・印刷です。これは広報係の担当になっています。写真展を実施する際、来場された方の意見・感想を伺うためにアンケートを実施しています。アンケートの文面は既存のもので良いかと思いますので、必要な枚数を印刷してください。

準備段階③

また、作品は基本的に各自で会場へ持っていきます。都合が悪く準備に参加ができない場合は、指定された日時までに部室に作品を置いておけば、担当者が代理で会場まで運びます。その際、撮影者・作品のタイトルがわかるように氏名・タイトルを明記するなどの工夫をお願いします。(移動しました)

前日の準備①

通常は展示を始める前日に会場設営を行います。
その際、作品を展示するためのパネルの運搬作業があります。このパネルは結構重たいので協力して運搬してください。なお、学外展ではパネルの運搬は不要です。
パネルの配置は写真展の規模に応じて調整することになりますが、作品が適度に配置できるように設置することが重要です。
作品の貼り付けについては両面テープで行います。貼る箇所が少ないと展示中に落下することがあるので、四隅に貼るのが良いでしょう。また、作品はできるだけ等間隔に配置すると見栄えが良くなります。
そして、自由作品とテーマの作品を区別することも必要です。その際はテーマに合った装飾をするなどして、作品をひきたたせる工夫をすると良いです。
  

前日の準備②

当日の準備としては他にも、受付の設置、飲食自由の休憩所の設置(オータムフェスティバルのみ)、BGM・ディスプレイの準備(紫陽花展はありません)があります。
写真展担当者(リーダー)の指示を聞きつつ、自分にできると思う仕事を見つけて積極的に参加するようにしましょう。

当日の運用

 写真展当日は事前に決定しているシフトに従って動きます。主な仕事は受付(アンケート用紙を渡す/回収する)・休憩所の飲食物の管理(補充・清掃等)です。

当日の片づけ

 展示終了後は作品の撤去・パネルの返還作業があります。パネルは枚数が多いので協力して返還をお願いします。アンケートでの作品投票の集計も時間があればこの時行ってしまいます。

後処理など

都合が悪く片づけ作業に参加できなかった人は、部室に作品を運搬しておきますので、早めに回収をお願いします。
アンケートの結果については広報がまとめて、後日、月例会などで発表します。

まとめ

①写真展は6月後半の「紫陽花展」、11月初旬の「オータムフェスティバル」、春休み中に大学外で会場を借りて行う「学外展」がある。 
②写真展を行う際には、大きく「準備段階」「準備(前日)」「当日の運用」「当日の片づけ」「後処理など」の5つの段階がある。
準備段階・・・会場の確保、作品の製作、キャプション・シフトの応募、準備にいけない場合は作品を部室に置く
準備(前日)・・・パネルの運搬、パネルの配置、テーマ作品と自由作品の区別のための装飾、作品の貼り付け、受付の設置、飲食自由の休憩場所の設置(オータム)、BGM・ディスプレイの準備
当日の運用・・・シフトに従った受付の担当、飲食物の管理・清掃(オータム)
当日の片づけ・・・作品の撤去・パネルの返還
後処理など・・・片づけに参加できなかった場合は部室に作品をとりにいく、アンケート結果の発表
③写真展は、写真部の活動の中でも最重要と言っても過言ではない。学内外に写真部の活動をアピールする機会にもなっているので、積極的に参加してほしい。

(A.S.)